愛媛県・松山市・伊予市でオーラソーマスクール&ビーマーライトセッション 色と光の癒しサロンです 

2014/101234567891011121314151617181920212223242526272829302014/12

早いもので。。 もう11月も終わり


本来なら もっと寒いはすなんたけどね


11月のイギリスも 思ったほど寒くはなかったので よかったんですけどね~




この日記も今回で最終になります


何編にしようか 迷ったけど  


仕事柄 気になる イギリスのお家たち~  


今回は ヒースローからテッドフォードまで バス移動


観光とかもしていないし ゆっくり見れるわけでもなかったんだけど


行き帰りのバスの中から 田舎の素敵な町並みの風景など


憧れ目線で 垣間見ることができました


そして 滞在先のデブオーラ周辺の建物など・・


朝の散歩で 興味津々に見ながら歩いてました



数少ない写真だけど 記念に アップしておきます 


テッドフォード村にて・・  


ここは 退職後の人が保養地として住んだりすることも多いみたいで


コテージ と書かれた物件が多く見られましたよ~

CIMG0616_convert_20141130015115.jpg

このお家も SALE になっていました   可愛いでしょ~ 





建物の高さが統一されていたり 窓枠が同じ雰囲気だったり

小さな町全体が とても調和がとれていました

CIMG0580_convert_20141130014710.jpg

そして どのお家も大切に手入れされている様子が 伝わってきます 

CIMG0628_convert_20141130015233.jpg

CIMG0581_convert_20141130014753.jpg

途中で 小道を見つけて入ってみると またまたいい雰囲気が~~

CIMG0652_convert_20141130015451.jpg

裏庭のテーブルいっぱいに 並べられたリンゴ 

これはおそらく 野鳥やリスのための おもてなしだと思われます

CIMG0654_convert_20141130015535.jpg

生き物にとっても優しい環境

CIMG0653_convert_20141130022646.jpg

 とっても生活が豊かなものになる感じがします 

CIMG0655_convert_20141130015631.jpg


バスで走っている間は ほぼ草原のような風景が多くて

牛がいたり 羊がいたり・・ 馬だったり  ほんと癒しの景色

でも 途中一ヶ所 町を通り抜ける所があって そこがまた素敵でした

CIMG0762_convert_20141130015841.jpg

CIMG0758_convert_20141130015752.jpg

CIMG0756_convert_20141130015715.jpg

その一角全てが同じような外観のお家が続いたりします

なので 本当に統一感があって美しい! 

周囲の風景とも調和がとれてます

レンガ造りの素敵なお家も 多かったな~


イギリスのアンティーク家具とか大好きだし


インテリアがめっちゃ気になるので


ほんとうは お家の中も見たいー!という衝動が起こりましたけど


また行くことがあるであろう イギリス 


今度は ロンドンとかコッツウォルズとか 観光もしたいな 



様々なもの  得ることが多かった今回のイギリス

土地 生き物たち 一緒に過ごした仲間たち 

そして指導してくださったマイク学長たち


オーラソーマがこんなにも素晴らしい土地で育まれ

愛と意図を込めて作られているのを  肌で感じることができました


全ての存在に感謝します 



そして この感動を心に持ったまま 来年からのコース開催につなげます


コースの日程は あらためてブログに載せますね


私が感動したこと たくさんのエッセンスとともに


お伝えしたいと思います 

br_decobanner_20110927180217.gif
ランキング参加中~クリックありがとう





もうすでに 懐かしさいっばいのイギリス  


3週間前は 確かにそこに居たのにねー



デヴオーラは 宿泊が出来る研修施設なので


もちろん食事も 3食 ついているわけなんです


それだけでなく 3時のおやつと夕食後にはデザートもあります


デヴオーラは オーガニックの完全ベジタリアン食


しかも、卵や乳製品を使わない ビーガン食です



行く前は、10日間飽きないかなぁー、とか


日本食持って行ったほうがいいのかなぁー、とか 思ってましたが


毎回 バリエーション豊かで! しかもそーーとーー美味しくて!


オーラソーマのコース中受講には 世界各国の人々が訪れますから



ここのお料理も イタリアン、インド風、韓国風、そして日本風~と


ほんとに 美味しく頂けるよう工夫を凝らしてくれてました 


説明より 見て感じてもらうほうが早いですねー


では ランチ、ディナー 取り混ぜて 紹介していきますね
(スープが付いているのはランチです)



基本 生野菜は毎回ありまして 私はこれをたっぷり食べてました~!

だって オリーブオイルのドレッシングが 激ウマなんですもの 





色もとっても綺麗でしょ。。 食べやすいように美味しく調理してくれてます



ランチに出てくるスープのこれまた美味しいこと!



これはマッシュルームのスープだったかな? 美味しくておかわり~ 



穀類もいろんなアレンジで出されていて プチプチ触感がたまらない~

他のものと混ぜて食べたりすると また美味しい!



これは 日本を意識した感じ。。 ひじき風~~ に みそスープ風~~ 



オリーブの実が サラダに入ってて 美味しかったな~

我が家のオリーブの実 ほったらかしにして来ちゃったー、と思い出したり



あ~このピザ 美味しかったー! おかわりしようと思ったらもうなかった。。 



こんな感じのビュッフェ形式  食堂のテーブルに並べられています

みんな一列に並んで 好きなものを好きなだけ 



とにかく 食事全てが美味しいんです  嫌なものはひとつもなし!

スタッフさん すごくお料理上手なんですよねー



キッシュ も人気でしたね~



取った料理は 好きな場所で食べます

こんな風に。。   そして いつも違うメンバーになります



こんな光がたーくさん入ってくる 素敵な食堂です







ダイニングのテーブルの上には いつも新鮮なフルーツが置いてあります

なので いつ食べてもOK   

生の洋梨 初めて食べましたー(笑)  美味しくてリピート 



私のお気に入りは このブドウ  ちょっと赤いほう

たいていいつも この実をほおばっていました


朝食はこんな風景です



シリアルたちがずらっと並んでいます  たくさんの木の実も 



好きなものをチョイスして ヨーグルトをかけて頂いたりもしました



スペルと小麦で焼かれたパン  すっごく美味しいんです 



好きな厚さにスライスして トースターで焼いて。。

もちろんフルーツもたっぷり~!

そして このりんごジュースが絶品美味しい 



こうしてアップしてみると すごい量を食べてたんだなぁーって思います(笑)


でもね、食べたぶんが 食べた回数 排泄されていくんです


すごいでしょ! 自然の力!





帰る日は 最後の朝食を名残惜しくすませて・・

4時間かけてのヒースロー空港までの途中に寄ったドライブインでは

イギリス名物 「フィッシュ&チップス」 を頼んだのであります 

大人の両手くらいあって  もちろん食べきれないので友達と半分こ

それでも食べ切れなかったな~~




デブオーラの食事 とにかく美味しくて

私たちのために 最善のおもてなしを受けました

これらの食事があって クリスタルや色と光に囲まれていた10日間

心も身体も魂も もちろん浄化され リセットされ

それゆえに 日々 多くのことに感動を受け、気づく機会をもらって

今があるんだと思います 


デブオーラのスタッフの皆さんに 改めて感謝します 

 br_decobanner_20110927180217.gif
ランキング参加中~クリックありがとう






オーラソーマのプロダクツたちには 植物やハーブ がはいっています



そして、それらを 自社の農場で栽培しています


デヴオーラから バスで10分ほど移動すると そこには広大な景色


ここが オーラソーマ社所有の シャイアーファーム です



11月だったので もう収穫後の風景なんですね



右を見ても 左を見ても ずーっと広がるこの景色   さえぎるものはありません



空の青さと 大地の緑 鮮やかで  美しすぎるほどでした



ここシャイアーファームは 純粋なバイオダイナミック農法を実践しています



日本では右脳教育で名が知られた シュタイナーによって考案されたもので


宇宙のリズムである天体の運行をもとに 種まきや収穫の時期などを決めるものです



土壌作りにも 数年の年月をかけていて まず大地を育むことから始めています


栄養を与えるということではなく 大地そのものの生命力を高めるため


地中に埋めた牛角糞を5月に掘り起こす作業をしたり


シリカ(水晶を構成する鉱物)を肥料として与えたりするそうです




なので。。  ここは絶対に 自分の目で見ておきたかった場所でした




ここシャイアーファームの土地にも チャクラがあって


その位置に クリスタルや石たちが配置されています  





各チャクラに置かれているチャクラストーンを 巡りながら 


ただただ黙って  自分の内側を感じながら歩くという 瞑想を体験しました




アーススターからソウルスターまで。。


次の日はソウルスターからアーススターまで。。 沈黙とともに・・









今回のコース中には 私の内側の様々な感情に向き合っていて


それが ふとした瞬間に 何でもないようなこととして 答えがやってくるのです





このチャクラウォークの時も そうでした



ミカエルの石を過ぎて 出口まで歩く間の 草たちに付いた朝露


それはもう 見たこともない美しさで 


私にはクリスタルが散らばっているように見えました  


あんなに美しい朝露を見たのは初めてで


その中にも  答えがあったのです



思わず  写真を撮ったけど   もちろん写らないですよねぇ。。



あの感動は あの土地で  あの時間に  だけあったものなんですね


今も私の心の中で蘇ります 



デブオーラのコース中には このチャクラウォークが 行われるようですが


今回は 下→上  上→下  と2回も歩くことが出来ました


そんなおかげで 私の感覚も研ぎ澄まされていったのだと思います


今度は 初夏。。 たくさんの花が咲いているころに


行ってみたいな~~ 



オーラソーマ製品は 世界で最も基準が厳しいオーガニック認証といわれる  


 「デメター」の厳格で厳しい検査を合格し 認証を受けています


 br_decobanner_20110927180217.gif
ランキング参加中~クリックありがとう





英国 テッドフォードにある オーラソーマの宿泊&教育施設


デヴオーラ   


その名前の意味は 光の家」 なんです


その 光の家で 9日間 (11泊)  を過ごした訳ですが


ここデヴオーラから  こんな道や (夜は真っ暗)



こんな小さな町の道を 歩いて。。



15分ほどの所に オーラソーマ製品やクリスタルのショップがあるんです


名前は   ルチアエンジェル

CIMG0632_convert_20141119221410.jpg


朝、コースが始まる前や お昼の休憩の時に 数回 訪れました


こじんまりとしたショップですが


なかなかお目にかかれないオーラソーマ製品はもとより


奥に行くと 世界各国から集められた  クリスタルやジェムストーン達が~



もう、手にとって眺めて 手にとって眺めて… の繰り返し(笑)



あっという間に時間が過ぎていってしまうのです


いつも 一時間ほどここでまったり~~



サロンに連れて帰る子たちを 吟味してました


ショップの入り口には のっぽのキラキラアメジストドーム

20141104_095426s.jpg


一部アウトレットもあり 日本では考えられないような金額のものもあって


かなーりの重量だと思うんだけど



今度 行くことがあったら 絶対 リュックで背負って帰るーっ!て思いました


ショップのデビーとトム 
 
CIMG0691_2014111921425531d.jpg
私のハチャメチャな英語でも 優しく対応してくれました 



ルチアエンジェルの真裏には


オーラソーマ製品の製造&開発をしている ラボ(工場) があります


CIMG0633_convert_20141119215158.jpg

今回 工場見学もすることができました


オーラソーマのプロダクツたちが出来るまでの過程を


トムさんの案内で 可能な限り 見てきました (もちろん撮影は禁止!)



工場と聞くと オートマティックな感じをイメージしがちですが


オーラソーマ製品の製造過程は どの工程にも愛情が注がれ


大切に 大切に そして優しく手作業で扱われていること


そこには ちゃんと 意図がある ということ


やっと・・ 自分の目で確認できて  と~っても感動しました 



そしてここ工場内でも 室内のあちこちに 波動を調整するための


大きなクリスタルたちが たくさん置かれてありました



今回のコースでは イクイリブリアムボトル を使ってのワークも多く


半端なくエネルギーが流れるのを 皆が身をもって経験できたわけですが


こんな過程を経て 作られているからこそなんだ・・と


改めて 実感することができました


私にとっては 大きな収穫です 



もちろんこの生産過程だけではなく 原料の素晴らしさもあるからです


原料の 植物やハーブたち  は オーガニックなのはもちろん


シュタイナーが提唱した バイオダイナミック農法 によって育てられたもの




それについては また 「ファーム編」 にて~ 



おまけ画像 置いておきます


工場入り口の 大きな大きなアメジストドーム・・ こんなの見たことない!
     (中に入れそうでした~

CIMG0689_20141119220359f99.jpg


br_decobanner_20110927180217.gif
ランキング参加中~クリックありがとう








9日間 学ばせてもらった セミナールーム 



デヴオーラの環境そのものが とっても素敵なエネルギーで満ちていますが


ここがまた特別に素晴らしいのです~  



この写真は10日目の朝 帰るまえに撮ってもらったもの


こんな感じで 毎朝マイク学長たちが 揃ってから 始まります


毎朝 ポマンダーで保護をして 今日の意図をもって献灯し そして瞑想。。



世界中からやってきた 見たこともないサイズのクリスタルたち・・ 

CIMG0567.jpg

CIMG0570.jpg



何日目だったか これらのクリスタルを使ったワークをしたのだけど

それぞれに違った体感やビジョンが出てきて とってもユニークでした 


やっぱりピンクには惹かれますね~~!  ローズクォーツさんと仲良し 
CIMG0706.jpg


これまた 大きな大きなチベタンボウルの数々・・  時々学長が奏でてました 

CIMG0569.jpg

クリスタルたちの向かい側には 2m以上はあるおっきなガネーシャ様






もういたるところ。。 あちこちにクリスタルが居てくれて うっとりします






オーラソーマのプロダクツたちも 綺麗にディスプレイされてて 

みんなたくさん使ってました!  もちろん私も~! 
 


そうそう、 ガネーシャ様や観音様の足下には 毎朝お花共にキャンドルが








私たちが オーラソーマに惹かれているのは こういうところなんです



知識だけを学びに来ているのではありません


まずは 私たち自身が軽やかに輝いて生きること・・・


そこから始まるヒーリング


そして 見える存在 見えない存在。。 


さまざまな存在に 愛と平和のエネルギーを送っていく




そんな日々を過ごした仲間たちです (全員揃ってないのー









ただいまー! イギリス  から帰って来ました



留守中は たくさんの方に 暖かく見守って頂き感謝です


そして 今日からお仕事 再開します  よろしくお願いします  



写真もたーーくさん撮ったので 少しずつアップしていきたいと思います





羽田からANAで約12時間  乗り継ぎのフランクフルトから約2時間



イギリスに着いた~!と思ったら バスでまたまた4時間



小さな田舎町 テッドフォードにある オーラソーマのアカデミー「デヴオーラ」へ



まずは その素敵な環境の一部を 紹介したいと思います







敷地もとっても広々としています



周囲の環境もとっても素敵で 牛や馬や羊たちがゆったりと暮らしていました



この牛たち こんなに近づいても じっとしてます。。 しかも話し聞いてくれるし(笑)



お庭も広々として 周囲が見渡せる 素晴らしすぎる環境~





こちらはオーラソーマの創始者であった ヴィッキーの瞑想ルーム

CIMG0715_convert_20141112093826.jpg

オーラソーマをされてるからならピンときますね~! 10番ボトルです

CIMG0718_convert_20141112094352.jpg

この木の下から 池にお水が流れているのですが これがまた素敵!

CIMG0710_convert_20141112095108.jpg

八の字を描きながら 下へと落ちていく仕組みになってるんです

ここにもシュタイナーの理論が。。  小宇宙です 

CIMG0713_convert_20141112095154.jpg


時にはこのお庭で 午後の休憩ティータイムを過ごすこともありました





枯葉の間から こんなキノコが顔を出していたり



樹木には たくさんの鳥たちが絶え間なくやって来るし


リスの姿も3回も見ちゃいました



昇る太陽 沈む夕日を こんなにも美しく感じたのは初めてかもしれない












9日間泊まったお部屋も素敵でした



「セントジャーメイン」という マスターの名前がついてます



セントジャーメインは錬金術師。。



ここからしてもうなにかが起こりそうな予感!  そして的中 



二人で使いました  私は向って右側のベッド  


カーテンは基本閉めなかったので 月光や朝日 を浴びてとっても贅沢でした 


お風呂やトイレは 共同で使います



ここはイギリス・・ このバスタブはほぼ寝た状態で入りましたよ~ 

CIMG0610_convert_20141112092910.jpg


こうして お風呂・トイレにもちゃんとインテリアとしてのカーテンがあって



他のお部屋もそうだけど この文化の違い  しかも全て裏地つきのカーテン



お仕事柄 インテリア関係には興味深々なので じっくり拝見 




こういうところにも 私はメロメロになってしまったのでした


まだまだ たくさんご紹介したいので のんびり続きます~!


br_decobanner_20110927180217.gif
ランキング参加中~クリックありがとう



デヴオーラのティーチャーレベル2コース はや7日め♪



9日間 長いなぁー!って思ってましたけど(笑)




毎日選ぶ ボトルたちを通して 内側でしっかり感じています




そして 気づきがやってきます



イギリス。。 来て良かった~



土地も 暮らしも とても私に合っている感じ (^-^)





また、帰ってからブログにて たくさん紹介します